自宅で健診「スマホdeドック」、KDDIが全国57市区町村と連携し提供へ


 KDDI株式会社は、専用の在宅検査キット「スマホdeドック」を活用して、簡単に健康状態を確認できるセルフ健康チェックサービスを全国57市区町村を含む80団体と連携して提供していくと発表した。
 スマホdeドックとは、専用の検査キット(「生化学14項目血液検査」と「胃がんリスクチェックABC分類」の2種類)とWEBサービスを組み合わせたサービス。利用者は自宅で血液を採取しそれを検査センターに送ることで、スマホやパソコン上で検査結果を確認することができる。費用はそれぞれ、「生化学14項目血液検査」が4,980円、「胃がんリスクチェックABC分類」が7,980円となっている。

 

出典:KDDI株式会社ニュースリリース「『スマホdeドック』平成30年度事業に全国57市区町村を含む80団体が参加予定」2018年7月18日より


おすすめ記事